太陽電池の種類

太陽電池にはそれぞれ特徴があります

太陽電池にはいくつか種類があり、それぞれ一長一短があります。

種類 モジュール変換効率 コスト 設置面積 発電量 温度特性
アモルファス 7%~8%
多結晶 12%~14%
単結晶 14%~15%
単結晶 + アモルファス 16%~18%

太陽電池にはこの他にも、温度による効率低下の問題があります。
一般的には、単結晶パネルはコストが高いが1番変換効率が良く、アモルファスパネルはコストは安く温度による損失は少ないですが、変換効率が悪く信頼性に乏しいという特徴があります。
多結晶パネルはその中間に位置しています。

システム性能比較

※数値は各メーカー主力商品カタログより抜粋(2008年1月現在のデータです)

モジュール仕様 メーカー
<公称最大出力>
パナソニック
<210W>
シャープ
<153W>
京セラ
<180W>
三菱
<185W>
サイズ 三洋812mm
×
1,570mm
S社990mm
×
1,165mm
K社1,008mm
×
1,286mm
M社858mm
×
1,657mm
種類 単結晶
+
アモルファス
多結晶 多結晶 多結晶
パネル1枚の面積 1.27m2 1.15m2 1.3m2 1.42m2
システムのパネル枚数 20枚 28枚 22枚 20枚
システム出力 4.2kwh 4.28kwh 3.96kwh 3.7kwh
システム面積 25.4m2 32.2m2 28.6m2 28.4m2
システム重量(架台別) 300kg 406kg 341kg 340kg
年間予想発電量
(名古屋市南向き)
5,142kw 4,812kw 4,503kw 41781kw
1kw当たりの発電量 1,224kwh 1,124kwh 1,137kwh 1,129kwh
1m2当たりの発電量 202kwh 149kwh 157kwh 147kwh
サイト内リンク
なるほど解説 太陽光発電システムのしくみ
ご検討から完成・運用までの流れ
太陽光発電をお考えの方は今すぐお見積もりを!
環境をお考えの企業様へ
エネルギー及び地球環境問題の解決に向けて NEDO
メーカーリンク
パナソニック
シャープ
三菱
京セラ
中部電力
メンバーブログ
チームマイナス6%